社長ブログ

・‘Brand Breeding Company for our Beautiful Times’  … park corporation のこれから

spirits_bunka例年のように一ヶ月会社に行かずインプット月間としました。
この年は12月24日で設立20周年を迎える事もあって、過去20年を振り返ると同時に今後の方向性について考えました。

過去をしっかり振り返ってみると、自分でもビックリするくらい色んな事にチャレンジしてきたと同時に失敗してきた事に気が付きました。

1988年、会社を作った当初は‘Private Secretary’をコンセプトに会員制のクラブを目指しました。
1989年に生花販売を始めてからも、活け込み部門「花職人」を作ったり、スクール部門「花游」、プロデュース部門「花の宴」を立ち上げたり、有田焼を百貨店で販売したりしてきました。
2000年を過ぎると、03年「hana-kichi」、04年「TAVA」、05年「GREEN CLINIC」、06年「On-Line Shop」、07年「Jungle COLLECTION」を立ち上げました。

これらの中には存続しているものもあれば閉鎖したものもありますが、底の部分に何かしら一貫したものがないのか探してみました。

すると、‘個人’、‘感性’、‘遊び’、‘美’、‘こだわり’といった言葉が見えてきました。

「お客様のプライベートタイムを、我々の感性を通して、より美しくより楽しくしていきたい!」というような一貫した想いが見えてきました。

またそのような事をやってきた中で、何を身に付けてきたのかも考えてみました。

過去の事なので、いつもとは逆に5つの資産を‘Finance’から辿っていくと、メインバンクとの信頼関係に基づいた資金調達力、‘Customer’にご来店頂く事による社会的信用・認知度、70店以上の‘Shop’を展開してきた店舗開発力・商品開発力・商品調達力・サービス力などが挙げられると思います。

しかしそのようなものを身に付けてこられたのは、何と言っても価値観を同じくする‘Partner’がいたからであり、その中でCreative Partner(右脳系)とManaging Partner(左脳系)が見事に融合してきたからだと思います。
またコツコツと積み上げてきた研修やレベルチェックなどの教育システムも他社では見ることの出来ない資産ではないでしょうか?
そしてこれら‘Partner’に関する資産は我々独自のものであり、外注する事が出来ないという意味でも、極めて価値ある強みになると思います。

では、何故そのような素晴らしい‘Partner’達が集まってきてくれたのでしょうか?

elevation(自己の成長)を何よりも大切にするという揺るぎ無い‘軸’
主体性を重んじる‘風土’
チャレンジし続ける→成長し続ける→貢献し続ける‥という明確な‘価値観’
Living With Flowers Everyday という分かり易い‘理念’
お客様の立場から物事を見ていくというシンプルな‘判断基準’
モチベーションを維持する様々な‘仕組み’

・・・といった形には見えない強固な‘Spirit’が、徐々に醸成されてきたからだと思います。

そのように考えると、このような形のない、目には見えない自社独自の‘Spirit’をしっかりと意識しながら形成すると同時に、そこに素晴らしい‘Partner’に集まってもらい、Creative Partner(右脳系)とManaging Partner(左脳系)が融合しながら魅力的な店や商品・サービスを作り出す仕組みを身に付けてこられたことこそが、この20年をかけて学んだ最高の収穫だったように思います。

では、そのような我々が今後目指すべき方向は‥

Aoyama Flower Market というブランドをゼロから立ち上げる中で身に付けた仕組み作りをベンチマークしながら、「お客様の人生という限られた時間を、我々の感性を通して、より美しくより楽しくしていきたい」という一貫した想いの下、「新しいブランドを創造し磨き続ける会社」を目指したいと思います。

Brands … 世界に通用し、永く生き続ける本物を目指す
Breeding … 右脳と左脳を掛け合わせることによってゼロから創造する
Company … 個人を超越し、永続する仕組みを持った会社を作る
for
our … お客様のみならず、我々も人生という時間を楽しむ
Beautiful … 美しい、楽しい、素敵な、お洒落な、感性の溢れる
Times … 単なるモノではなく、人生という限られた‘時間’をゆたかにするものを扱う

今後いくつの魅力あるブランドを産み出せるか分かりませんが、素晴らしい感性を持ったCreative Partner に出会えたなら、これまでにManaging Partner達が培ってきた仕組み作りを融合させながら全力で新しいブランド作りにチャレンジしていきたいと思います。
そして一人でも多くの方の人生が、より美しく、より楽しいものになるお手伝いをしていきたいと思います。

‘Brand Breeding Company for our Beautiful Times’(park corporation)
by ‘Living With Flowers Everyday’(Aoyama Flower Market)
by ‘・・・・・・・・・・・・・・’(・・・・・)
by ‘・・・・・・・・・・・・・・’(・・・・・)
by ‘・・・・・・・・・・・・・・’(・・・・・)
by ‘・・・・・・・・・・・・・・’(・・・・・)
by ‘・・・・・・・・・・・・・・’(・・・・・)

となることを夢見ながら…

Loading...